Blog記事一覧 > 未分類 > 女性に多い胸郭出口症候群

女性に多い胸郭出口症候群

2017.06.06 | Category: 未分類

胸郭出口症候群とは、鎖骨や肋骨周辺の筋肉が血管や神経の通り道を圧迫し、肩甲骨周辺や腕・手指にしびれやだるさ、痛み等の症状を起します。

また酷くなると筋力や握力の低下特定姿勢時だけに症状が悪化し、生活や仕事に支障をきたします。

首や肩・腕を特定の位置にすると、肩甲骨周辺や腕・手指にしびれやだるさ、痛みなどが現れます。

胸郭出口とは、鎖骨と一番上の肋骨(第一肋骨)と斜角筋が造るすき間のことです。
女性でなで肩の人は一般的にこの胸郭出口が狭く、胸郭出口症候群の症状が出やすいんです

斜角筋(首を支える筋肉)や小胸筋(大胸筋の下層部にある筋肉)を鍛えている方にも起こる可能性があります。

  • 慢性的に酷い肩こりがある。
  • 手の指の中指~小指に妙な違和感が続いたり、痺れを感じる。
  • 首~肩周辺が痛む
  • 肩から腕にかけてだるい
  • 握力低下
  • 筋力低下
  • 重いものを持つと症状が悪化する。
  • 同じ姿勢でいると痛みが増して辛い。
  • ある特定の動作や姿勢でいると症状が出る。
  • パソコン作業、マウス操作の時に症状が出る。

頚部のレントゲンを撮っても異常がないといわれた方、一度当院にご相談ください。

048-812-4164


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!