Blog記事一覧 > 未分類 > なかなか取れない手首の痛みについて

なかなか取れない手首の痛みについて

2018.06.01 | Category: 未分類

皆さんは腱鞘炎という病気はご存知ですか?
かつては、料理人や美容師など、手首を酷使する職業に多かった病気ですが、現在では、若者を中心にビジネスマンや主婦などに急増しています。
その背景に、デスクワークでパソコンをよく使ったり、スマホの使いすぎにより手指を酷使し、腱鞘炎になってしまうのです。
そもそも腱鞘炎とは、筋肉と骨を結ぶ腱という組織が、腱鞘(腱がスムーズに動くように腱を覆ってるトンネル)で、指を酷使することによって、腱鞘の中の腱が何度も動くことによって腱鞘と擦り合わさり、炎症が起きて痛みが発生してしまう病気です。
この痛みは、なかなか取れにくく、病院へ行っても、湿布を渡されるか、痛み止めの注射を打って一時的に症状を良くする対症療法がほとんどです。最悪手術を言い渡されてしまうケースも少なくありません。
当院では、酷使した筋肉を手技療法やストレッチをしてしっかりとほぐし、炎症が起こっている場合は超音波療法を用いて、痛みを抑えていきます。また専用のサポーターのご案内や、普段の私生活での注意点を細かく説明し、症状改善に努めます。
また、なかなか痛みが取れないで長引いている痛みに対しては、神経が原因で痛みが出ている可能性があるため、神経にアプローチする治療もしていきます。

なかなか取れない手首の痛みで悩んでいる方、是非私たちに任せてみませんか?

ご予約お待ちしておりますヽ(^o^)丿

TEL 048-812-4164

 

 


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!