Blog記事一覧 > 未分類 > 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

2018.06.08 | Category: 未分類

皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?脊柱管狭窄症とは脊柱管という背骨の中の空洞(この空洞の中に神経が通っている)が狭くなり、神経が圧迫され、足腰の痛みや痺れとなって現れる症状です。脊柱管の内部は歳を取るごとに狭くなるので、高齢になればなるほど症状が現れやすくなるのです。

背骨は、首の部分の頸椎、胸の部分の胸椎、腰の部分の腰椎と3つの部分に分かれています。狭窄症は3つのどの部分にも起こり得ますが、腰部に特に多いのが特徴です。
代表的な症状は、歩っていると腰の痛みや足の痺れが生じ、少し休むとまた歩けるようになる「間欠性跛行」という症状があります。
また、前に屈むと脊柱管に余裕が出来るため、症状が楽になるため発症すると前屈みの姿勢になりがちになります。
この姿勢が続いてしまいますと、一時的には楽にはなりますが、背骨がどんどん曲がっていき、見た目の問題だったり、背骨が潰れていってしまうので、ちょっと尻餅をついただけで背骨が潰れてしまい、圧迫骨折を引き起こしてしまう可能性もあります。

当院では、脊柱管狭窄症の方に対して、狭窄してる部分を広げるために関節の矯正を行なったり、手技で負担が掛かっている筋肉をほぐします。
また、脊柱管狭窄症は手術という選択肢もありますが、排便・排尿障害が出ていない限り保存療法をオススメしています。

手術しなければ治らないと思って諦めていませんか?保存療法でも症状は劇的に改善します!是非私達にお任せください!
ご予約お待ちしておりますヽ(^o^)丿

TEL 048-812-4164


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!