Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛を起こす姿勢とは

腰痛を起こす姿勢とは

2016.11.25 | Category: 未分類

腰痛には、なりやすい職業というものがあります。日本国内の調査では、運輸・介護・看護・事務・技術職・建設といった職業がなりやすいと言われ、身体をまげてひねるような動きを伴う職業はもちろんですが、事務のような座りっぱなしの仕事でも、腰痛を起こしやすいようです。

座っていると楽に見えますが、座りっぱなしの体勢は立ちっぱなしよりも椎間板にかかる負担が大きくなり、腰痛を起こしやすい体勢と言えます。デスクに向かって座っているだけで運動しているときのように筋肉を使っている自覚はないと思います。大きな筋力は必要ないですが、座っていても筋肉を使っています。

動かないまま長時間、継続的に限られた筋肉や骨格を使っていると、知らず知らずのうちに筋肉の負荷が蓄積され、腰の筋肉が緊張してしまうことで血液循環が悪くなっていきます。

次第に腰が重くなっていき、体のバランスも崩れ、最終段階で初めて腰痛として症状が現れます。もちろん座りっぱなしの仕事だけではなく、同じ姿勢で立ちっぱなしの仕事でも、こうした蓄積型の腰痛になりやすいと考えておいた方がいいでしょう。

みぬま整骨院ではこうした腰痛に対して、細かな検査適切な治療をおこなっております。

そのため、より早期に症状が軽くなると大変好評です!

お悩みの方は、是非一度ご相談ください!!

 

予約優先性:048-812-4164


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!