変形性関節症

関節症では機械的刺激などにより軟骨の変性・磨耗を生じ、また関節周囲を取り囲む滑膜の炎症が併発して変性が加速します。
50代の半数で関節症が原因の痛みを経験し、60代になると60~70%になると言われています。
病態と症状の関連としては、関節炎に伴う痛みと腫れ、腫れによる動かしにくさや可動域制限が生じます。軟骨磨耗の進行により関節炎が起こりやすくなり、荷重の繰り返しにより疼痛を感じやすくなります。
様々な要因が関節症発症の原因となり悪化の誘因となります。関節への負荷により軟骨がすり減ることから骨組織の破壊が生じると関節は変形し、変形と症状の悪化の悪循環を起こします。

変形性関節症の原因

原因は様々ですが、加齢による筋肉の衰え、運動量の低下、骨格の歪みであることが少なくありません。
みぬま整骨院では、衰えてしまった筋肉を検査によって明らかにし、特殊ベッドやカイロプラティックにより歪みをもとに戻すことで症状を改善します。
関節症で最も重要となるのは早期の予防、早期の治療です。悩む時間が長くなるほど症状の改善には時間がかかってしまいます。ぜひ当院にご相談ください。

様々な変形性関節症

外反母趾

足の親指が小指側に曲がって変形した状態をいいます。
足の指の筋肉を上手く使えてない歩き方をすることで、足底筋の収縮動作ができず、足のアーチが失われることにより起こります。
ヒールや厚底サンダルなどのかかとの高い履物も原因の一つであす。中年女性のおよそ半数が外反母趾であるといわれています。
足部は人間が立っている状態では土台となる部分ですので外反母趾などの足の気になる症状は身体全体のゆがみに発展していきます。
硬くなった足指の筋肉・関節をゆるめ、正しいアーチをつくる運動を指導していきます。

親指の関節の痛み(母指CM関節症)

物をつまむ時やビンのふたを開ける時など親指に力を必要とする動作で、手首の母指の付け根付近に痛みが出ます。
進行するとこの付近が膨らんできて母指が動かしにくくなります。
また進行すると母指の指先の関節が曲がり、関節が反った変形を呈してきます。
どこに行ってもなかなか良くならないというお悩みを持たれる方が多い疾患ではありますが、超音波・手技療法を組み合わせることによって症状は良くなります。
ぜひ、当院にご相談ください!

変形性股関節症

股関節は人体最大の関節で、下半身動作の起点として最も重要な役割を担っており、負担が強度にかかります。
股関節痛の代表的なものが変形性股関節症です。使い過ぎや体重増加による事などがあげられます。
股関節の軟骨がすり減り、大腿骨と骨盤に骨がぶつかる事で痛みを出します。
激しい痛みで歩行困難な場合でも、骨格調整や関連する筋肉にアプローチする事で、症状が改善していくので全身的なアプローチからの治療が大切です。


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!