Blog記事一覧 > 未分類 > スポーツ傷害・外傷・障害何が違うの?

スポーツ傷害・外傷・障害何が違うの?

2016.08.18 | Category: 未分類

スポーツをしていく上でケガはつきものですが、「スポーツのケガ」で調べると、色々な呼び方が出てきます。

スポーツ傷害・スポーツ外傷・スポーツ障害、何が違うのでしょうか?

「スポーツ外傷」とは、1回の瞬間的な外力が加わって受傷する捻挫、骨折、打撲、創傷、脱臼などの、いわゆる怪我のことです。足関節捻挫 、肩鎖関節脱臼、前十字靭帯損傷など

「スポーツ障害」とは、一定の動作を繰り返すことで慢性的に起こるもので、overuse syndrome(使いすぎ症候群)とも言われます。スポーツ選手やスポーツ愛好家などに多いです。過度な練習などで起こることが多いですが、技術の未熟さ筋力体力不足柔軟性の低下などが原因のことも多い。→膝蓋靭帯炎、腱板炎など

「スポーツ傷害」とは、スポーツ外傷+スポーツ障害総称になります

当院では部活クラブチームスポーツ愛好家の方々を全力でサポートいたします。

スポーツ中のケガ・痛みにお困りの方、ぜひ一度当院にご相談ください。 048-812-4164


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!