Blog記事一覧 > 未分類 > サッカー選手にはポピュラーなケガ、恥骨結合炎。

サッカー選手にはポピュラーなケガ、恥骨結合炎。

2016.11.10 | Category: 未分類

サッカー選手の職業病と言われていて、プロ選手だけのケガではありません。

ダッシュやボールを蹴るなどひねりの動作や、開脚運動が繰り返し行われると、恥骨結合部の骨と軟骨がこすれ合ってしまいます。
さらに、酷使しすぎると炎症を起こして痛みが生まれるのですね。

まず、鼠径部(脚の付け根)に痛みを感じる事が多いのです。

さらに痛みが強くなると、下腹部、太ももの内側、などへ放散痛も伴ってきます。

痛みが出たら中途半端にプレーせず、まず「安静」にすることです。
そして「アイシング」することが大切です。
痛みが治まったら、股関節の可動域を広げるストレッチと、股関節周囲の筋力強化運動を始めます。

海外のプロ選手は原因となる筋肉の延長手術を行うくらい、ポピュラーなケガです。

当院では炎症を早く抑える機械を使い、ストレッチ・筋力強化などの運動指導

再発予防まで行います。

「もしかしたら」とお心当たりの方は、一度当院にご相談ください。

048-812-4164

 


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!