Blog記事一覧 > 未分類 > 腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎

2018.08.28 | Category: 未分類

本日は腸脛靭帯炎についてお話させていただきます。

腸脛靭帯とは腸骨(骨盤)の外側から膝の外側までを繋ぐ靭帯のことです。

膝の屈伸運動を繰り返すことにより、腸脛靱帯が大腿骨の下端のふくらみと擦れて炎症を起こし、疼痛が発生します。
特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します。

他にも、バスケットボール、バレーボール、サッカー等、足を酷使するスポーツにも多くみられます。

発生の要因はオーバーユースです。

過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足などがいわれています。

少し休む期間を設けると痛み事態は和らぐのですが、また再発してしまうというのがこの腸脛靭帯炎の恐ろしいところです

当院では、原因をつきつめ、ストレッチや手技療法で硬くなった筋肉緩め、痛みがより早くとれるように超音波療法を行い、更に弱くなった筋肉を鍛えてに腸脛靱帯炎になりづらい身体づくりもさせていただきます。

予約優先制048-812-4164


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!