Blog記事一覧 > 交通事故 > むちうち症とは

むちうち症とは

2016.08.06 | Category: 交通事故

交通事故の後遺症として非常に多く発生するもので頸椎捻挫とも言われています。

これは交通事故による強い衝撃で首がムチを打ったようにしなり、首に大きな衝撃が伝わり、頚椎筋肉・神経・血管が損傷される外傷です。
首の痛みや頭痛、肩こり、手の痺れ、吐き気など、様々な症状となってあらわれます。
むち打ちは、普段からよく耳にする言葉なので軽視しがちですが、放置しておくと後遺症になる場合があります。
受傷直後は、あまり症状が現れないことが多いので、病院でレントゲンをとっても異常なしと言われる事さえあります。
しかし時間が経過するとともに首の痛み・運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部にも痛みが放散します。しかも頭痛、吐き気、めまい、上肢のしびれ等が伴うこともあります。

当院では細かな検査を行うことで、適切な治療を致します。

また、治療だけでなく事故後の対応、転院等のご相談も承っております。

安心してご相談下さい!!


アクセス情報

所在地

〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区南中野467-1 103

休診日

水曜日、祝日、日曜日午後

駐車場

★提携駐車場が2箇所になりました!
吉野家さん横:タイムズ大宮南中野
海老沼小学校横:タイムズさいたま東新井
駐車料金1時間分が無料になるチケットをお渡しいたします。
ご利用の際はお声掛けください!